モバイルWiFiルーターでパケット代を抑える

WiFi接続に対応したスマホやタブレットが普及してきたことで、複数の機器にインターネット接続を提供できるモバイルWiFiルーターの注目度が上がっています。モバイルWiFiルーターの利便性を説明する前に、先にWiFiについて触れておきます。

WiFiとは

そもそも「WiFi(ワイファイ)」とは何でしょうか。一般的には「無線LAN=WiFi」と思われているほど名称が浸透していますが、WiFiとは無線LANの標準規格(IEEE 802.11)に準拠している機器に与えられるブランド名です。
最近では、家庭内のインターネット環境を構築する際に無線LANが広く普及しており、利用される据え置き型の機器が、WiFiルーター(無線アクセスポイント)と呼ばれています。
家庭用のWiFiルーターは、マンションや戸建に引き込まれた光回線やADSL回線、CATV回線と有線で接続しており、家庭内のさまざまな無線LAN対応機器に無線でインターネット接続を提供します。
また、外出先でもファストフードやカフェの店内などで、公衆無線LANと呼ばれる、無料でWiFi接続が利用できる場所があります。キャリアが有料で提供する、公衆無線LANサービスもあります。こちらはさらに広い範囲(空港や駅など)で利用が可能です。

LANとWANの関係

LAN(Local Area Network)は、その名前の通りローカルな範囲のネットワークを意味しています。例えば、自宅やオフィス内、これから紹介するモバイルWiFiルーターの電波範囲などがLANに当たります。限られた範囲で通信を行うLANだけでは、インターネットには接続できません。LAN内での無線による通信速度は、家庭用の据え置き型WiFiルーターであれば、IEEE 802.11ac対応で1.3Gbpsにも達する高速なデータ通信が可能な製品もあります。従来は有線の速さに追いつけていなかった無線も、最近では遜色ない速度になっています。

WAN(Wide Area Network)は、インターネット網と接続する広範囲なネットワークです。プロバイダとの契約でWANと接続することによって、LAN内でインターネットを利用できるようになります。WANは光回線(下り上り100Mbps~1Gbps)や、ADSL回線(下り47Mbps、上り5Mbps)、CATV回線などがあります。
無線接続のWANは本題にもなりますが、携帯電話で使用されている3GのHSPA(下り14.4Mbps、上り5.8Mbps)やCDMA2000(下り9.2Mbps、上り5.5Mbps)、後述するWiMAX(下り40Mbps、上り10Mbps)や4GのLTE(下り75Mbps~150Mbps、上り25Mbps~37.5Mbps)などがあります。

スマホに採用されているWiFi規格比較表

スマホは、3GやLTE通信に加えてWiFiでも通信を行うことができます。高くなりがちなパケット料金は、3GやLTE通信を利用することで課金されますので、WiFi通信だけでデータ通信を行えば、2段階制のパケットプランで料金を安くすることが可能です。(自動的に3GやLTE通信を行わないように本体設定が必要)

名称 802.11b 802.11g 802.11a 802.11n 802.11ac
通信速度
(最大)
22Mbps 54Mbps 54Mbps 600Mbps 6.9Gbps
利用周波数帯 2.4GHz 2.4GHz 5GHz 2.4/5GHz 5GHz

最近のスマホは、ほとんどの端末で11a/b/g/nに対応していますので、LTEやWiMAXによる高速通信をWiFiでフル活用することが可能です。11aや11acは、利用周波数帯が5Ghzで他の機器との電波干渉が少ない規格です。11nや11acは高速な通信速度が魅力的ですが、その真価を発揮できるのは光回線を11nや11ac対応の無線LANルーターで使用した場合に限定されます。自宅に11nや11ac対応の無線LAN環境がある人は気にしてみてはいかがでしょうか。

持ち運び可能なモバイルWiFiルーター

モバイルWiFiルーターは、前述の据え置き型WiFiルーターを小型化して携帯を可能にしたものとイメージしてください。常に自分の周りをWiFi接続できる空間にしてくれるモバイルWiFiルーターによって、スマホ以外にも、タブレットや携帯ゲーム機などを複数同時にインターネットへ接続することも可能になるのです。
さらに単身の方なら、家庭用のインターネット環境を構築せず、モバイルWiFiルーターによって代用することも可能です。

モバイルWiFiルーターもSIMフリー化

スマホがSIMフリー化してきている現在、モバイルWiFiルーターもSIMフリー化が進んでいます。SIMフリーのモバイルWiFiルーターは単体で販売されており、好みのMVNOのSIMカードと組み合わせることができ、とても手軽です。

モバイルWiFiルーターの通信規格と速度

現在普及しているモバイルWiFiルーターは、「PREMIUM 4G」「WiMAX2+」「Hybrid 4G LTE」「ULTRA SPEED」対応ルーターがあります。

名称 PREMIUM 4G 4G LTE & WiMAX 2+ Hybrid 4G LTE ULTRA SPEED
回線提供会社 ドコモ UQコミュニケーションズ ソフトバンク・ワイモバイル ソフトバンク・ワイモバイル
通信方式 LTE-Advanced LTE & WiMAX FDD-LTE & AXGP DC-HSDPA
受信速度(最大) 682Mbps 370Mbps 187.5Mbps 42Mbps
送信速度(最大) 50Mbps 25Mbps 37.5Mbps 5.7Mbps

サービスエリアは主要都市から順次拡大中です。ご利用になる地域がサービス提供エリアであるかの確認が必要です。また、表の数値は理論値であり、発売されている機器によっては最大速度が下回りますのでご注意ください。

各キャリアがスマホに採用している3G通信方式比較表

各キャリアがスマホに採用している通信方式は、上記モバイルWiFiルーターと同様の、高速化した第4世代移動通信システム(4G LTEなど)に対応する以前から、従来の携帯電話が主に採用していた第3世代移動通信システム(3G)にも対応しています。4Gの電波エリア圏外では、3Gによる通信を行うことになります。

ドコモ au ソフトバンク ワイモバイル
名称 FOMAハイスピード WIN HIGH SPEED プラチナバンド プラチナバンド
通信方式 HSDPA/HSUPA CDMA2000
1xEV-DO MC-Rev.A
HSDPA/HSUPA HSDPA/HSUPA
受信速度(最大) 14Mbps 9.2Mbps 14Mbps 14Mbps
送信速度(最大) 5.7Mbps 5.5Mbps 5.7Mbps 5.7Mbps

キャリアによって名称は異なりますが、au以外は同じ方式を採用しています。

見るべきポイントとしては、サイトのブラウジングやアプリのダウンロードの速さを決定する受信速度(下り)と、スマホから写真や動画などを共有サービスにアップロードする際の速さを決定する送信速度(上り)です。とは言っても、3Gの速度は各社横並びのため、あまり意識する必要はありません。

おすすめの関連コンテンツ

メニュー