格安SIMでスマホの維持費を安くする

スマホの料金、払い過ぎていませんか?

皆さんがキャリアに払っている毎月の費用は、おおよそ6,000円以上ではないでしょうか。新しい音声定額プランなら8,000円以上になります。中でも大きな負担になっているのがパケット定額料金です。パケット定額料金はホームページを見たりメールを送ったり、アプリをダウンロードしたりLINEで友達とやりとりするなど、通話以外の通信のために必要ですから、高いのは仕方がないと思っていませんか?
もし、この費用が1,000円程度に抑えられたら家計は大助かりですね。実は今、スマホの維持費を本当に安くできる「格安SIM」の利用が注目されています。

格安SIMって何だろう?

MVNOとは

ドコモやau、ソフトバンクなどのキャリアは、日本中にアンテナを立てて電波を供給しています。対して格安SIMを販売しているMVNOは自前で設備を持たず、キャリアから回線をレンタルして販売している「仮想移動体通信事業者(Mobile Virtual Network Operator略してMVNO)」です。主にIIJやOCNなどの既存インターネットプロバイダがMVNOを行っています。
ほとんどのMVNOは人口カバー率100%のドコモ回線を使用していますので、キャリアと比べてエリアが変わることはなく安心です。mineoやUQ mobileのように、auの回線を使ったMVNOサービスも存在します。

キャリアの音声定額プラン開始で注目を集める

以前の格安SIMはデータ通信のみで音声通話に対応しておらず、通話をIP電話アプリに頼るスマホか、タブレットやモバイルWiFiルーターのデータ通信SIMとして使用されていました。しかし、近年は音声通話に対応した格安SIMが増えてきており、スマホの契約をそのまま移すのに適したプランが充実してきています。

3大キャリアが足並みを揃えて通話定額プランに移行したことで、よく電話をする人にとっては費用が安くなりました。しかし一方で、ほとんど電話をしないデータ通信がメインのユーザーにとっては、高額な無料通話を強制的に付与されたようなもので、実質的な値上げに他ならない状況です。こうした流れもあり、音声通話付の格安SIMプランが一気に普及しました。音声通話付の格安SIMプランは、現在の電話番号をそのまま持ち越せるMNPにも対応しているので安心です。

格安SIMにも音声定額オプションが充実

2016年は格安SIMにも音声定額のサービス開始が目立った1年となりました。格安SIMの音声定額はキャリアのような無制限なかけ放題と言うよりは、10分までの通話が月に300回まで定額といった、範囲を定めた定額オプション(有料)です。ほとんどの方は1回の通話が10分で事足りると思いますので、通話を頻繁にする方でも格安SIMが選択肢になるようになりました。

なぜ格安SIMは安いのか?

キャリアから回線を卸してもらっているMVNOの格安SIMが、キャリアより安く売ることができるのは不思議ですよね。もちろん、安いのには理由があります。

1.端末代の上乗せがない

キャリアでスマホを契約する場合、スマホの端末費用は2年契約することで毎月値引きしてもらえます。値引きによって2年間で0円になる(実質0円と呼びます)端末もありましたね(2016年3月以降は総務省の指導があり0円販売はなくなりました)。しかし、格安SIMではSIMカードのみを契約するか、元から安い端末をセットにした販売が主流です。

ここでよーく考えてください。なぜキャリアはハイスペックな最新スマホの端末代(約6~10万円)を、ほぼタダ同然にできるのかを。答えは簡単で、端末代を毎月の費用に含めて回収しているからです。こうすることで、ユーザーは簡単に契約を解除することができなくなり、長期に渡って契約が望めます。ユーザーは端末代を気にせず、最新のスマホを抵抗なく買うことができますから、メーカーにとってもうまい商売ですね。

端末代を上乗せしていない格安SIMの月額費用は、こうした理由から格安にできるのです。格安SIMでセット販売されているスマホは、キャリアが販売しているハイスペックなスマホとは別物です。最近ではスペックの差はそれほどなくなってきていますが、定価が5万円以下の廉価なスマホがほとんどです。

2.「高速通信容量」と「通信速度」の違い

格安SIMの料金を決める大きな要因は、高速通信時の容量と通信速度です。高速通信時は、端末が対応している通信規格内の最高速度で通信ができます。(一部のプランは高速時の速度を制限していたり、高速通信がなかったりする場合があります)ただし、規格は同じでも混雑具合によって実際の通信速度は大きく異なります。人気の格安SIMでは都心部の昼休みに著しく通信速度が遅くなることがあります。

形態は各社プランによって様々ですが、毎月(もしくは毎日)一定容量の高速通信容量が補充され、使い切るまで高速なプランや、用途に合わせて高速と低速を好きな時に切り替えられるプラン、追加料金で高速通信容量をチャージできるプランなどがあります。高速通信容量で高速な通信を利用するには、端末も高速な通信規格に対応している必要がありますので、古いスマホを中古で購入する場合にご注意ください。

最近の格安SIMプランは、高速通信容量がキャリアのプランと比べても遜色がなくなっています。中には50GB/月というキャリアにないぐらい大容量のプランも登場しています。高速通信容量が多いほど快適に通信することができますが、料金も高くなりますので自分に合った通信容量のプランを選びましょう。

自分のパケット利用量を知る

毎月の携帯電話料金の明細には、あなたが使用したパケット通信の利用量が記載されています。その利用量に収まる高速通信容量を持った格安SIMプランを選べば、従来と変わらない通信環境を得ることができます。格安SIMによっては、使った高速通信容量を専用アプリで見ることができますので、プラン変更の目安にすることができます。(プラン変更に対応していない格安SIMもありますので注意)

上記のパケット利用量の話は、あくまでLTEや3Gの回線を使用した通信のみが対象であり、自宅のWiFiに接続しての通信は関係ありません。つまり、自宅のWiFi利用がメインの人はパケット利用量をかなり抑えられていますので、より高速通信容量の少ないプランを選択できます。

3.競争の原理が働いている

皆さんは3大キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)の音声定額プランの料金差をご存知でしょうか?信じがたいことに、1円も変わらないのです。誰でも参入できる市場ではありませんから、3社で足並みを揃えてしまえば競争はなくなってしまいます。

しかし、格安SIM市場は違います。プランの内容はどんどん充実し、ただでも安い料金がさらに安くなっています。MNP可能な音声通話付プランに対応するMVNOも増え、キャリアで2年縛りを終えたユーザーに有力な選択肢になりました。毎月のようにどこかがプランを見直して最良の選択肢が変わり、ユーザーを激しく取り合っています。まさに、戦国時代と呼べる状況にあるのです。

MVNOごとに打ち出されるキャンペーン情報も見逃せません。初月の基本料無料や半年間○円割引、高速通信容量を2倍にするなど、新規申し込みに対して条件を優遇するキャンペーンが頻繁に行われています。MVNO選びの際には、プラン内容だけでなく実施中のキャンペーンもぜひチェックしてみてください。体感的にキャンペーンを頻繁に実施しているMVNOは、プランの改善なども積極的に行っていることが多く事業運営に「動き」を感じます。反対にこうした「動き」がなくなってしまったMVNOも見られ、これらのMVNOは存在感がなくしつつあります。

料金以外の差別化も

料金の値下げにも限界があり、最近は格安SIMプランの料金に下限が見えてきました。こうなってしまうとMVNO間での差がなくなり、後発MVNOは利用者を増やせなくなってしまいます。そのような背景もあり、MVNOごとに料金以外の差別化を打ち出すようになりました。

FREETELブランドを展開するプラスワン・マーケティング株式会社では、AppStoreダウンロード時のパケット料金を無料にする「FREETEL SIM for iPhone/iPad」をリリースしています。さらにすべてのSIM商品でLINEの通信(音声メッセージやビデオ通話は除く)を無料にしました。音声通話プランで違約金をなくしたり(代わりにMNP転出手数料がかかる)、使わなかった月は安価になる従量課金プランを導入したりするなど、積極的に他社との差別化を図っています。

4.サポート体制の違い

キャリアのような全国にカスタマーサポートの拠点を持たないことで、運営費用を減らしています。当然ながら、キャリアと同様のサポートは期待できません。ドコモ系の格安SIMだからと言って、ドコモショップに駆け込むことがないようにしましょう。

格安SIMにおける音声通話の方法

格安SIMのプランは、MNPが可能な音声通話に対応した「音声通話付プラン」と、「データ通信プラン」の2つに大別できます。「音声通話付プラン」であれば、キャリアの契約と同じ品質で音声通話が可能です。「データ通信プラン」においても、音声通話がまったくできないわけではありません。それが以下のような方法です。

IP電話を利用する

NTTコミュニケーションズが提供する「050 plus」に代表されるIP電話アプリを利用すれば、自分の電話番号を持って誰とでも通話が可能になります。通話料はキャリアのプランよりも格安になります。ただし、これまでキャリアで使用していた番号とは別の番号(050から始まる番号)になります。通常の電話に比べると、やや遠く聞こえたり、遅れて聞こえたりします。

LINEなどの無料通話を利用する

電話をしたい相手が、LINEなどの無料通話機能(同社が提供する「LINE電話」ではありません)を持ったアプリで繋がっている場合、アプリ同士で通話する方法もあります。通話料は無料ですが、電話番号を持つことができませんので、知らない相手とは発信も着信もできません。IP電話よりも音質が悪く、安定しない場合があります。

メールに関する注意点

既存のキャリアから格安SIMプランに移る際に注意が必要な点として、キャリアメールがなくなることが挙げられます。今後の乗り換えも考えて、キャリア契約に依存しないメールアドレス(Gmailなど)に変えてみるのも手です。最近では、LINEなどのコミュニケーションアプリが普及したことで、メールは以前ほど重要ではなくなりましたが、メールでしか連絡ができない相手がいる場合にはアドレスの変更を伝える手間があります。また、一部のサービスではキャリアメールしか登録を受付けなかったり、LINEのID検索のようにキャリア契約による年齢認証が必須のサービスもあったりします。

MVNOの契約

キャリアとの契約では、スマホ端末と料金プランを選択して、使える状態になったスマホ端末を受け取ることが出来ます。しかし、MVNOとの契約では基本的に「SIMカード」と呼ばれる契約情報が記録された小さなチップを受け取るだけです。(最近は安価なスマホとセットで販売する商品も出てきています)このSIMカードを、あらかじめ自分で用意したスマホ端末のスロットに挿し込んで使用します。SIMカードを挿すことはそれほど難しいことではありません。


creative commons licensed ( BY-ND ) flickr photo shared by Kouki Kuriyama

契約の流れ

MVNOと格安SIM契約する流れについて説明します。
まずは格安SIMを利用する端末を用意する必要があります。主流の格安SIMプランはドコモの回線を使用していますので、ドコモのスマホ端末かSIMフリーの端末が必要です。auのスマホ端末は、ドコモやソフトバンクと通信方式が異なるため、SIMフリー化できたとしてもドコモ系の格安SIMで利用できません。auの回線を使ったmineoやUQ mobileならLTE対応スマホのみ使用できます。今まで使っていたスマホが条件を満たしているのであれば、そのまま格安SIMでも使うことができるのがありがたいですね。なければ好きな白ロムを購入するか、MVNOがプランとセットで提供しているスマホにする方法もあります。

白ロムの購入方法については、「スマホの買い方」で紹介しています。

次に検討が必要なのが「音声通話対応プランか、データ通信プランにするか」です。今使っている電話番号をそのまま使いたいのであれば、音声通話対応プランになります。データ通信プランは、使っている電話番号をなくして音声通話をIP電話アプリなどに置き換えられる人向けです。

いずれかのプランに決まったら、各社から提供されているプランを見比べてみましょう。(別ウィンドウで表示します)

音声通話対応プランを比較する

月額1,000円以下のデータ通信プランを比較する

月額1,000円~2,000円のデータ通信プランを比較する

月額2,000円以上のデータ通信プランを比較する

契約したいプランが決まればいよいよ申し込みです。音声通話対応プランでMNPを利用する場合は、あらかじめ現在のキャリアからMNP予約番号を取得する必要があります。取得方法はキャリアによって異なりますので、キャリアのホームページで確認してください。MNP予約番号は発行から15日間の有効期限がありますので、移動先の格安SIMを決めないうちに慌てて取ってしまわないようにしましょう。

申し込み方法はネットで申し込む方法と、店頭で申し込む方法の2通りあります。プロバイダが提供するプランは、各社の専用サイトからオンラインで申し込みすることができます。家電量販店が販売しているパッケージプランは、店頭で申し込むことができます。音声通話対応プランの申し込みには本人確認書類が必要です。SIMカードが届くまでに数日かかりますので、MNPの場合に電話が利用できなくなる時間ができます。ビックカメラの「BIC SIMカウンター」のように、その場で申し込みからMNPの転入手続き、SIMカードの受け取りまでできるサービスも登場していますので、1日でも電話を利用できないのが困るのであれば検討してください。

IIJmioが2015年9月16日からスタートした「おうちでナンバーポータビリティ」はさらに画期的です。ホームページから申し込み後に数日でSIMカードが届き、開通センターに電話すると数時間で利用できるようになります。電話が使えない期間がなくなる、とってもありがたいサービスです。

IIJmio 音声通話機能付きSIM「みおふぉん」 1,600円~

SIMカードが届いたら、用意したスマホにセットします。SIMカードを挿すスロットの位置は、スマホによって異なります。無事セットすることができたらAPN設定を行います。APN設定はOSによって異なりますので、サポート情報を確認してください。入力する値も格安SIMによって異なります。

SIMカードの種類について


creative commons licensed ( BY ) flickr photo shared by kalleboo

スマホ端末で利用するSIMカードには、3種類のサイズがあります。

標準SIM
3種類の中で最もサイズが大きく、古くからあるSIMカードです。2010年頃までに発売されたスマホ端末で使用されていたサイズです。
microSIM
ドコモでは「miniUIMカード」と呼ばれるサイズです。おおよそ2011年以降に発売されたAndroid搭載のスマホ端末や、iPhone 4Sまでがこのサイズです。
nanoSIM
iPhone 5から採用された、microSIMよりさらに小型のSIMカードです。2013年以降にAndroid搭載のスマホ端末でも採用されるようになりました。

MVNO各社が提供するSIMカードの対応サイズにはややばらつきがあり、nanoSIMに対応していないMVNOもありますのでiPhoneで利用したい方はご注意ください。なお、SIMカードのサイズを変換するアダプタが販売されていますので、nanoSIMを標準SIMやmicroSIMに変換することができます。当然ですが逆は不可能で「小は大を兼ねる」ことができます。

SIMロックを解除できる変換アダプタ

変換アダプタの中には、サイズを変換するだけでなく本体のSIMロックを解除する製品もあります。ソフトバンクから発売されたiPhone 4SのSIMロックを変換アダプタで解除し、MVNO契約のnanoSIMを用意して使用することができます。(ただし、変換アダプタの利用は自己責任になります)

格安SIMが自分に向いていそうなら、スマホ向きの格安SIMプランを比較してみましょう

おすすめの関連コンテンツ

メニュー